角栓とりたい!今すぐに!
Akimi
Akimi

角栓とりたい!今すぐに!

 

お鼻の白のブツブツ……アレを見ると『今すぐなんとかしたい!』って誰だって思います

 

放っておくと酸化して黒くなるし、本当に困ったものです。

 

でも、この角栓をとろうとして無茶してはいけません。見た目が大変良くないし、メイクのノリは悪くなるしで『今すぐ』なんとかしようと無茶をするとお肌を傷めてしまって取り返しがつかないことにもなりかねません。

 

角栓は正しい方法でケアすれば比較的楽に解決できますので、慌てずに正しいケアをしましょう

 

 

 

ピンセットなどで抜いてはいませんか?
クリニックがやっていても、専用アイテムが売っていても、『素人が見様見真似で』鏡の前でやるとお肌を傷めます。

 

 

この記事は……

 

  • お鼻の角栓でお悩みのある方
  •  

  • どうしたら角栓がとれるのかを知りたい方
  •  

  • 毛穴が詰まってばかりで根本的に改善するにはどうしたらいいか知りたい方

 

におすすめの記事となっています

 

 

 

 

 

 

角栓ってそもそも何?

 

角栓は、70%の古い角質(タンパク質)と30%の皮脂(脂質)でできている毛穴にたまってしまった汚れです

 

皮脂が分泌されてそれが排出しきれない状態であれば毛穴に皮脂が残り、そこに剥がれた角質などが混ざって角栓になります。

 

なので、角栓の原因はよく……

 

  • 乾燥による皮脂分泌量やターンオーバーの乱れ
  • メイクの落とし残し

 

なんて言われていますね。

 

ここで注意したいのは、角栓はれっきとした油よごれだということです

 

確かに70%が角質なので洗顔で落とせばというところですが、30%ある皮脂が油汚れなので、角質と皮脂が混ざった角栓は油汚れだと考えた方が私たち一般人には整理しやすいと思います。

 

もっとわかりやすく言うと……

 

梅がゆを作ったお鍋は水だけでも洗い流せるけど、炒飯を作ったフライパンは洗剤を使わないとキレイにならない

 

ということぐらいにイメージできればOKです

 

そういうことなので、角栓にお悩みの方はたとえメイクをしていなくても『洗顔の前にクレンジング』をしましょう

 

クレンジングはメイクの油汚れを落とすアイテムですが、それだけに角栓にも洗顔以上に強いのです。t確かにお肌を傷める原因といえば乾燥とクレンジングになると思いますので注意は必要なのですが、それでも角栓がつまっている状態であれば、それをとるためにはクレンジング剤は大いに使えます。

 

 

家で簡単に角栓とる工程は主に2ステップ!

 

角栓をとる過程をまとめると次のようになります。

 

 

 

 

角栓ケアとしてはどれも重要なのですが、実際に角栓を除去する過程は『クレンジング⇒洗顔』の2ステップになります。

 

洗顔だけでは角栓に対処するには不十分で、たとえメイクをしていなくともクレンジングを行うというところがポイントになります。

 

また、実際に角栓を除去する部分は『クレンジング⇒洗顔』のところなのですが、角栓のお悩みをケアするためには全過程が重要です

 

ホットタオルを使うのは『閉じている毛穴を開き角栓を落としやすくする』ためです。

 

だからぬるすぎては意味がありませんが、逆に熱すぎると火傷をしますしお肌にもダメージになるので気をつけてくださいね。

 

毛穴をしっかりと開いたところで、実際の角栓除去作業です。クレンジング⇒洗顔を『正しく』行いましょう

 

そして、キレイに洗い流したら、その後は毛穴をしっかりと閉じます。そのために冷水を使います。開いた毛穴をしっかりと閉じてやるとよりきれいな毛穴になります。

 

そして、スキンケア。きちんとお肌の手入れをします。お肌の乾燥が角栓の天敵なのはすでにお話しした通りです。だから、きちんとしたケアをすることが角栓のお悩みを改善に向かわせるためにも必須となってきます。

 

角栓の問題は、ただとればいいというわけではないのです。これらを継続することによって、角栓のお悩みは改善していきます。

 

 

 

【関連記事(予定)】

 

 

クレンジング⇒洗顔

 

 

すでにお話したように、角栓は『油汚れ』であるということを忘れないようにしましょう

 

7割はタンパク質ですが、残りは間違いなく脂質なんです。

 

だから、油汚れを落とす作業が必要なので、角栓にお悩みの場合は洗顔だけでなんとかしようとするのはなかなか難しいと言わざるをえません。

 

メイクをしていようがしていまいがクレンジングをきちんと行って、毛穴につまっている油(皮脂)の混ざった汚れをきちんと落とすことを忘れないようにしましょう

 

 

状況に応じて洗顔ブラシなども使う

 

 

実際に毛穴が角栓で詰まってしまった状態だと、泡でなでるような洗顔ではなかなか毛穴の奥の汚れは出せません

 

そんなときは洗顔ブラシなども活用して毛穴の奥の汚れもしっかりと掻き出していきます

 

かといって、ゴシゴシとやってはいけないというのは間違いなく正しいのです。ゴシゴシやれば間違いなくお肌を傷めます。

 

でも、ただ泡でなでるだけではなかなかつまった汚れを掻き出せないのも事実です。

 

なので、泡洗顔をして流す前に洗顔ブラシを使って、問題の箇所を重点的に洗浄していきます。ゴシゴシとはやらずに、優しく丁寧にやりましょう

 

 

絶対『やってはいけない』角栓除去方法5選

 

 

  • 角栓を無理やり押し出す
  •  

  • 角栓をピンセットや毛抜き等で抜
  •  

  • 針などで角栓をほじる
  •  

  • クレンジングや洗顔時にゴシゴシとこすり洗いする
  •  

  • 角栓除去パックを高頻度で使う

 

 

これは絶対やめましょう確実にお肌を傷めます

 

このなかのピンセットで抜くなどは、クリニックで実際に行われていますし専用アイテムも売っていますが、『素人が見よう見まねでやってはいけない』という意味でNGです。

 

鏡の前で素人が四苦八苦しながら行うと、毛穴にダメージを与えてしまうでしょう。

 

 

角栓は『とること』よりも『とった後』が大事!

 

そして、角栓にお悩みの方に特にご注進したいのは、『角栓のお悩みはとることよりも、とれた後にどうするのかが大事』ということです

 

これがどういうことかというと、角栓でお悩みの方は『いま現在角栓が詰まるような肌状態』なのだから、それをなんとかしないと何度角栓をとってもすぐにまた詰まるということなんです。

 

どうしても角栓のお悩みがあるととることばかりに気持ちを持っていかれてしまいますが、実はこのお悩みを解決するには『角栓をとった後にどうするのか』をきちんと考えておく必要があるんです

 

ただとるだけでは、すぐに復活してしまいますので。

 

だから、角栓のお悩みを根本的に解決していくには、実は除去方法よりも最後の『スキンケア』こそが重要だったりします。

 

もちろん、みなさん毎日きちんとスキンケアをしていると思います。

 

でも、いま角栓のお悩みがおありということは、いまのお肌の状態は角栓がつまる状態にあるということなので、毛穴に対するケアの方法が不十分もしくは間違っているということに他ならないのです。

 

だから、角栓のお悩みがある場合は、特に『毛穴のケア』に重点をおいたケアをしていく必要があります

 

 

いまおすすめの角栓撃退おすすめアイテムはこれ!

 

やはり、根本的に角栓のお悩みをなくすには、角栓をとるだけでなくその後のスキンケアまで考えなくてはいけません。

 

そして、そんな時に頼れるブランドが実は2022年の4月にリリースされています。

 

LEDIAN(レディアン)という毛穴の悩みに特化した基礎化粧品のブランドで、まさにこの角栓のお悩みにピッタリのアイテムになっています。

 

また、とてもタイミングが良いことに絶対に欲しいスキンケアラインの5アイテムがセットになった7日間試せるトライアルキットが1200円(税込)で販売されているんです。

 

このレディアンの何が良いって、お試しをしてよかったときに通常サイズ版を70%オフで使い続けられるサブスク会員制度があるんです。

 

そして、そのサブスク会員費ですが、毎月買うアイテムの割引額で会員費は余裕でペイできてしまいます

 

だから、もしよかった時にもお金で使用を断念なんてことがないんです。

 

『デパコス品質をほぼ原価で』を売り文句にしているブランドなので、品質ももちろん◎です。

 

お悩みに直撃の『毛穴特化基礎化粧品シリーズ』で『デパコス品質』で『安い』

 

そして、トライアルキットは毛穴問題に特化した『クレンジング/洗顔料/化粧水/美容液/クリーム』のセットなので、まさにこの記事でご説明したことをトータルサポートできます。

 

なので、レディアンのトライアルセットは角栓にお悩みの貴女が試す価値のあるアイテムだと断言できます。

 

下にトライアルキットが買える公式ページへのリンクと、もう少し詳しくトライアルキットについて解説したページへのリンクを貼っておきますのでぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

 

 

 

角栓のお悩みを解決するには『角栓をとったうえで特化したスキンケア』です。
これがまとめて試せるレディアンのトライアルキットはおすすめです。

 

 

▼毛穴の悩みに超特化!▼